圧縮空気システムのネットワーク構成

圧縮空気システムのネットワーク構成

Taiwan 吉生 Machinery-空気圧ツールの圧縮空気構成ネットワークおよび関連機器の説明

Jisheng Machinery-圧縮空気構成ネットワークと空気圧ツールの関連機器の説明
  1. エアフィルター <br />ほこりやその他の汚染物質がエアコンプレッサーに入るのを防ぎます。
  2. 空気圧縮機 <br />圧縮されたろ過空気(通常は80 psig [5.5 bar]〜110 psig [7.6 bar]に圧縮)、空気圧縮機は、往復動、ピストン、ベーンなど、いくつかの異なるタイプで利用可能、ねじまたは遠心圧縮機。
    空気圧縮機のサイズ選択基準:
    1. 空気圧縮機の選択
      0〜80 psi(5.5 bar):単段空気圧縮機
      80〜250 psi(17.2bar)/連続使用ツール:2段式空気圧縮機
    2. 総空気消費量SCFM
      考慮すべき要素:同時にこのエアラインに接続されているすべての機器、ツール、およびその他の可能な空気消費量。
    3. 空気圧縮機のサイズの計算–馬力(HP)
      総空気消費量を決定SCFM:D
      さらに、約20%のシステム予約または追加の外部成長:D1 = D x 1.2
      D1 <= 100 SCFMの場合、HP = D1 / 4
      D1> 100 SCFMの場合、HP = D1 / 5
  3. 空気乾燥機 <br />空気を圧縮すると、空気の温度が上がり湿度が上がります。 ドライヤーは空気の温度を下げ、余分な水分を取り除きます。
  4. ガス貯蔵タンク <br />圧縮空気貯蔵容器は、空気圧ツールの使用中の圧力変化を軽減し、圧縮空気システムをスムーズに保ちます。
    ガス貯蔵バレルのサイズ -ガス貯蔵バレルが大きいほどシステム全体にとって優れていますが、適切な馬力の空気圧縮機を装備する必要があります。
  5. 空気圧ラインの分配 <br />供給、貯蔵、需要間の接続ラインは、すべての空気圧ツールステーションに圧縮空気を供給します。
  6. 作業現場での適用:(水ろ過/圧力調整/オイル注入)
    水ろ過/圧力調整器/オイラー(FRL):
    FRLは、空気圧ツールに適切な圧力の清浄で潤滑され圧縮された空気が供給されるようにするために必要です。 フィルターは空気中の水分を除去し、水分がエアモーターに侵入して錆を発生させないようにします。 レギュレーターは、空気圧を制御するツールです。 オイラーは、エアモーターを潤滑するために、空気のほぼ一定のオイル/ガス比を提供します。
    オイラー滴下速度:1分あたり1ドロップ/ 20 SCFM(566 LPM)ごと
  1. 圧縮空気に影響する要因:
  2. ダクトが長すぎるか、エアダクトの直径が不十分であると、圧縮空気の流れに影響を与える可能性があります。
  3. 7.6メートルより長いホースを備えた空気圧ツールを使用している場合、ダクトの直径を次に大きいサイズに増やす、つまり、ダクトの内径を1/4 "から3 / 8 "、これにより、空気圧ツールに十分な空気と流量が確保されます。
  4. 空気圧ツールの作業終了前に、水フィルター、圧力調整器、および給油器が必要です。
  5. 圧縮空気を同時に使用する空気圧ツールと関連アクセサリーの総数。
  6. ダクトの空気の流れによる空気の詰まりを防ぎ、いつでもスムーズな空気の循環を維持します。
  7. 圧縮空気の結露を除去するか減らします。
  8. 排水のタイミングに注意を払い、パイプラインの湿度を下げます。
  9. すべてのエアライン、フィッティング、ドレンバルブ、圧力リリーフバルブ、およびダクトの空気漏れを定期的に検査します。
  1. 圧縮空気システムの予防保守:
  2. 圧縮空気システムに水分があると、空気の湿度が上がり、空気圧ツールが著しく腐食します。過剰な水分を避けるために、水は毎日排出する必要があります(エアコンプレッサー、ドライヤー、ガス貯蔵タンク、エアライン、水フィルターを含む)。パイプラインで。 汚染された空気は、空気圧ツールの寿命を急速に短くします。
  3. 空気圧ツールに乾燥空気90 psi(6.2 bar)を供給します。 過度の圧力は、空気圧ツールの寿命を大幅に短縮します。
  4. クイックコネクタを空気圧ツール本体に直接取り付けないでください。
  5. 汚染物質が空気圧ツールモーターに入るのを防ぎます。
  6. 毎日空気圧ツールを使用する前後に、適切なモーターオイルをツール注入口から約2 ml注ぎ、低速で数秒間ツールを実行して、潤滑剤がシリンダーを完全に潤滑できるようにします。 これにより、空気圧ツールのパフォーマンスが最適に維持され、耐久性が向上します。
  7. 空気圧ツールダクトを接続する前に、オイラーを取り付けて空気圧ツールを潤滑します。オイラーは、軽油(SAE#10)を追加し、1分あたり2〜3滴に調整する必要があります。 オイラーをパイプラインに取り付けることができない場合、空気圧ツールの使用の前後に、空気圧ツールの空気入口に潤滑剤を直接追加します。 潤滑が必要な部品には、シリンダー、ギア、ベアリング、可動部品が含まれます。
  8. 空気圧ツールを毎日使用する場合は、エアモーター、ブレード、ギアなどを3か月ごとに取り外して点検し、損傷または摩耗した部品を交換し、ギアにグリースを塗ります。
  9. 製造元が提供する工具、部品、および付属品を使用してください。
  10. 使用する空圧工具の元の設計または機能を変更または変更しないでください。
ダウンロード

プレスリリース